キムチが関係している降圧剤と糖尿

キムチをよく食べる人は、高血圧や糖尿を患っている人が多いです。
まず高血圧です。キムチにはとうがらしや塩分を多く使っていますので、血圧が上がりやすいです。キムチはおいしいですのでのでどうしてもたくさん食べてしまいます。毎日のようにたくさん食べているとしだいに血圧が上がってきすので、最終的には降圧剤を服用することになります。ですから降圧剤を服用しないようにするためには、キムチをたくさん食べてもいいですが、果物などカリウム分を多く含むものを同時に摂取するようにしたらいいです。カリウム分がナトリウム分を排出してくれますので、血圧が上がりにくくなります。
次に糖尿です。キムチをたくさん食べることで糖尿になるわではなく、間接的なものです。キムチを食べることで他の肉類をたくさん食べて、おまけにビールなどアルコール類をよく飲みます。食べたあとは運動をしないということもあって、血糖値が高くなります。
悪化してしまうと元に戻ることは難しいですので、キムチを食べることはいいですが、食事や運動療法につとめることが大切です。よく食べ、運動をする。そのことで降圧剤や糖尿薬を服用せずにすむという理想になります。
いろいろ食べることは大切です。しかし食べた後のことを考えると運動や食事の中身なのです。運動もせずにビールなどよく飲み、よく食べるといろいろな生活習慣病を患いますので注意が必要です。キムチに限らず腹八分をしっかり守ることも大切です。食事や運動を努めることで健康で長生きな生活を送りましょう。健康で長生きというのが人生で理想とします。介護も必要としないのがいいのです。そのためには早いうちから取組みましょう。早いにこしたことはないです。